〘超便利〙Mr.ウェザリングカラーに筆をつける

workshop
この記事は約2分で読めます。

この記事の内容を実行する場合は、すべて自己責任となります 。ご注意ください。

巷で噂のこやつ、入手してきた。

こやつを瓶に内蔵させる。
具体的には、蓋の裏側に取り付けていく作業となる。

スポンサーリンク

用意するもの

MINI NAIL ART BRUSH というDAISOが販売しているマニキュア用のブラシらしい。

面相筆に匹敵する細さ。

マニキュア用なので、おそらくラッカーにも耐性があるはず…あるといいな…まぁ、ちょっとは覚悟はしておけ、という感じ(;´∀`)

「繰り返し使うには…」と裏面に説明がありますので、繰り返し使うことを想定してはいる…ようだが…(-_-;)

耐久性に言及してはいない…(;´∀`)

スポンサーリンク

工作

45mmで切断する(ニッパーでOK)

大量に行う場合には、定規にマスキングテープなどを、巻きつけておくと良いかもしれない。

この後、切断面に直径2mmの穴を開ける。

ピンバイス(手動ドリル)使用。百均にある。)

穴を開ける時、自分はフリーハンドで開けているが、けがき針やコンパスの針で、中心辺りにアタリをつけると楽だと思う。

蓋の中央の突起に差し込む。

あとは色んな意味で耐久性実験だね…。

真似をされる方は必ず”自己責任“でお願いしますm(_ _)m

改めて注意点

  • 耐久性については未検証なので、崩壊する等の不具合が出る可能性があります。
  • 塗料内に取り付けた筆から何らかの成分が溶けだし、塗料の性能が落ちる、使えなくなる等何らかの支障が起こる可能性があります。
  • その他予測できない様々な支障が出る可能性があります。

Mr.ウェザリングカラーに対する不満は、タミヤのスミ入れ塗料にはついている筆が、ついていないこと。

これで不満解消(^^)

クレオスさん、是非お願いしますm(_ _)m

純正で出ましたね(^^)

スポンサーリンク

ナビゲーション

タイトルとURLをコピーしました