スポンサーリンク

〘ガンプラ初心者向け〙パーツをきれいに切り取る – パチ組み(仮組み)

workshop
この記事は約5分で読めます。

パーツをきれいに切り取るためには、方法と道具の2つの面から考える必要がある。道具なんてなくてもプラモデルは作れてしまうからだ。

そして自分が目指す”きれい”とはどんな状態なのか?、が大事。必要もないレベルで処理することを考えれば、面倒くさいが勝ってしまい、プラモデルなんか難しすぎるということになる。、

ポイントは”いかにしてパーツに負担をかけずに切り取るか?”そして”切り口をどう処理するか?”である。

尚、爪切りや普通のニッパーで工作する予定の方は、予めこの文章に目を通してから実行に移ってほしい。爪切りや普通のニッパーで工作する場合の難しさも少し触れている。

スポンサーリンク

ニッパーは下から入れると見やすい

ニッパーは下から入れるほうが視認しやすく、刃がどこを切っているかわかりやすいと思われる。試してみてほしい。

またランナーは平面にはなっていない。段差がある場合も結構あるので、刃の入れやすい方向にして入れるといいだろう。

まずは”2度切り”

初心者に2度切りをおすすめするのは、パーツの破損を避ける意味合いと、その後のゲート跡の処理に手間がかからないためだ。

慣れている方は「2度切りなんてしなくても良い」と言われる方もいらっしゃるが、実際自分ですら2度切りした場合と、1度切りした場合ではその後の処理が変わってくる。

ヤスリがけでゲート跡を処理する自分は、2度切りした場合と1度切りした場合とではヤスリがけの手間が変わってきてしまう。1度切りでは手間がかかってしまうのだ。

そのことを考えるとやはり2度切りがおすすめだ。

1度目

図を見て各名称を覚えてほしい。パーツ、ゲート、ランナーとなっている。

ランナーとは製造工程でプラスチック(主に PS (スチロール樹脂)と呼ばれるもの)が、金型の中を通る道だ。続いてゲート(ピンクの線で挟まれている狭い場所)を通ってパーツを形成するという流れだ。

ここから、パーツだけをきれいに切り取るのが今回のミッション。

図をよく見ると、ピンクの線は平行ではない。この状態でパーツに沿ってきれいに切ろうとしても、他の部分がくっついているとランナー自体が歪んだりするなどして、こじるという状態になってしまう。最悪パーツの破損か白化してしまう恐れがある。

パーツにかかる負担を最小限で済ます方法は、切断面を垂直にかつ最小になるようにすることだ。

そこで、まずはランナーとゲートの間を狙って切り取る。つまりパーツにゲートが付いている状態だ。そうすることで断面が垂直かつ最小になり負担も最小限で済む。

爪切りや百均のニッパー等はこのランナーとゲートの間を狙っても刃が入らず、事実上、手でもぎったのと同じような状態になってしまうこともある。これを避けるには、また別の手段が必要になる。つまりは、”プラモデルを難しくする”、余計な手間が増えることとなる。そのやり方についてはまた別の機会とさせていただくが、モデラーの方の多くが専用ニッパーを勧める所以である。

2度目

ここからは、HGUCのボールを作っていく。

これが1度目の結果。自分は愛用のレノマツール のこーるニッパーで切断したので、皆さんの場合とは少し違うかもしれない。「大体このぐらいは残してきろうよ」程度の理解で良いと思う。

のこーるニッパーについては愛用ニッパーのページを参照してほしい。

次はこの状態から、出っ張りを切り取ってしまうわけだ。

ニッパーで切り詰める方とクラフトナイフ(デザインナイフ)で切り詰める方といらっしゃる。どちらでも良いのだが、その際”きれいに切り取ろうとしてギリギリを狙いすぎる”とパーツをえぐってしまう場合が多い。特に初心者の多くが失敗する例なので注意が必要だ。

クラフトナイフの場合、多くのモデラーの方が怪我を経験している。

つい力が入ってしまって流血事態に追い込まれる。くれぐれも気をつけてほしい。

ニッパーを使ってもクラフトナイフを使っても、ヤスリで仕上げる方がきれいになると自分は思うので、この後の作業がスムーズに進む事を考えて怪我をしないように気をつけてもらいたい。

オルファ製アートナイフ・プロ等替刃にバリエーションのあるもので、平刃タイプのあるものをお使いなら、写真のように平刃を使った方が比較的怪我が少ない。

自分はニッパーで切り取る派なので、アルティメットニッパーを使う。

ニッパーで切り取るほうが怪我の心配もなく、初心者向きだと思う。

自分が切る時の角度はこれ。切り過ぎによるパーツの破損はない。

もっと切り詰める方法もあるが、パーツ破損のリスクが伴う。

できるだけ切り詰めた感じ。

アルティメットを使っても、クラフトナイフを使ってもヤスリがけは必要だと自分は考えているのでこの角度が自分のスタンダードだ。

この段階で、「俺はこれで十分」という方もいるかな?と思われる。そいう方はこれでフィニッシュである。

更に綺麗にしたい方は以下のページに進んでほしい。

パチ組み(仮組み)する

後は説明書通り組み立てれば完成。

GATAGATA的ポイント

仮組みの場合はもう一つ手を加えている。

赤い丸のところ。ダボ穴を半殺しにしている。

最近のスナップフィットはかなりきつめなので、はめ込んでしまうとダボを折ってしまうのだ。

そこで、ニッパーで斜めに切り取ってしまう。これだとスナップフィットありで簡単に作業が進む。最終的にゆるくなっても”最悪ダボで接着してしまえば良いや”的な考えである。

ただしアルティメットニッパーを含む片刃ニッパーなど、デリケートなニッパーでこの作業はしないこと

勿論、行う場合は自己責任でお願いします。何があっても知りません。

自分はダボを半殺しにする作業など、多くの作業はこちらを使っている。

はじめてのプラモ navi

必見
Step 0 目的を1つ持とう~プラモデルの始め方
楽しみながら上達するコツ
必見
パーツをきれいに切り取る – パチ組み(仮組み)
パーツを切り取る上で最低限知っておきたい
お得
スミ入れをしてみよう
簡単作業でワンランクアップ
おすすめ
トップコートを吹こう
”差を出す”はじめの一歩
注目
部分塗装のすすめ
塗装の入り口

ナビゲーション

タイトルとURLをコピーしました