スポンサーリンク

〘ガンプラ初心者向け〙工作の極意(腕の使い方)

workshop
この記事は約2分で読めます。

極意など大層なタイトルだが、要は腕の使い方の説明。

工作に関して「力を抜いて」とたびたび申し上げているわけだが、具体的にどうするのが良いのか?

今回はその具体的なところに触れたいと思う。

スポンサーリンク

いきなり答え

腕のこの部分。

ここの力を抜く。この部分に力が入っているとまず失敗する。

この部分は工具をしっかり保持するために力を入れる。

実践してみよう。うまくつかめないと思われる。

慣れないと工具をしっかり持てないはずで、工具の保持は頼りなく思えてしまう。

でも、先程の赤丸の筋肉には力を入れてはいけない。

結果、指先ぐらいにしか力が入らない。それが正解。保持が目的なので指先で充分だ。

うまくできない人は、腕をだらんと下げてみてその状態で工具を持ってみよう。そうすると感覚がつかめる。

作業を行う

ではどうやって作業を行うのか?

肩の力で作業を行う。

これは簡単な理由で、肩の筋肉は腕の筋肉より大きいから。肩の筋肉を使って作業を行うようにすると、持続力が続くし肩こりも起きにくい。

腕の筋力だけで作業すると肩を使わず、肩こりの原因になりやすい。

じゃぁ、なんに使うのか?

肩で作業しようとすると大雑把な動きになるので、赤の部分を使って動きをコントロールする。

肘・手首の関節はコントロールに専念。余計な力を入れるとコントロールできない。柔軟な状態を維持する。

肩を動かして作業。腕全体を使うイメージで。

指先で保持。余計な力を入れなければ、指先の保持で充分。

この使い分けを意識して行うと余計な力が入らず、上達も早い。

ナビゲーション

タイトルとURLをコピーしました